見出し画像

ライブコマースって何?

こんにちは!カンナートのディレクター、Ainaです!
今日はライブコマースについてお話ししようと思います😊

みなさんは「ライブコマース」についてご存じですか?名前だけは聞いた事あるという方も多いのではないでしょうか。
ライブコマースとはライブ配信で紹介した商品をそのまま購入できる新しいオンライン上での販売形態です。
中国ではライブコマース市場はとても大きなもので、2020年は1兆500億元、2021年には2兆元規模に急拡大すると予測されています。(日本貿易振興機構より)

昨今の状況で外で買い物がしにくくなった今、Eコマース市場は拡大しており、その中でも、ライブコマースは日本でも注目を集めています。ライブコマース先進国の中国と、日本の現状を比較してみようと思います。

中国のライブコマースについて

ライブコマース先進国の中国ではライブ配信で紹介された商品がそのまま購入できるライブコマースプラットフォーム型がメインで使われており、中でも大手ECプラットフォームである「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tmall)」のライブコマースチャンネル「淘宝ライブ」「天猫ライブ」が人気のようです。

最近私は、中国の外国人向けAliexpressというショッピングアプリを利用してアクセサリーなどを買うことがあるのですが、そこでもライブは頻繁に行われていました。

画像1

こちらは外国人向けのプラットフォームで、日本語に設定しているので日本語&円表記になっています。画像のようにライブ配信を見ながら購入が出来るようになっています。
(ライブコマースとは関係ないですが、このアプリ、日本語が変な部分はありますが日本のネットショップで買い物してるのと同じように簡単に購入でき、かなり安いのでおすすめです😋)

また、淘宝をインストールして見たところ、TikTokのような短い動画で商品を紹介してそのまま買える項目がありました。こちらはライブではないですが、日本のモールにこのような項目はないので新鮮でした!

画像2

画像3

商品を動画で見てもらう、というのは中国では当たり前のようです。

また、中国のライブコマースにおいて切っても切れないのがインフルエンサーの存在です。中国のインフルエンサーはかなりの影響力があり人気インフルエンサーが販売した商品は1日で何億ドルも売れることがあるほどのようです(すごい!)

日本のライブコマースについて

日本ではライブ配信を見ながら購入できる、ライブコマースのプラットフォームはまだ少ないですが、企業やブランドがInstagramのライブ配信を実施するのをよく目にするようになりました。先日私が見たアパレルブランドのインスタライブでは、最後まで視聴するとクーポンコードが発表され、実店舗のレジで伝えると割引されるという施策を行っていました。
Instagramのライブ配信はアパレルブランドの新作の発表や、セール品の紹介などをしているものが多い印象です。

日本でライブ配信を見ながら購入はできないのかと調べてみると、ベイクルーズさんがライブ配信したものをそのまま購入できる仕組みを導入していました。

■ベイクルーズ LIVE STYLING

商品の丈感、着こなし方などライブだからこそ訴求できることがありアパレルとライブコマースは特に相性がいいですね。

その他にも、LIVE配信アプリのSHOWROOM、17LIVEでもライブコマースプラットフォームを提供しているようです。

■Hands Up by17LIVE

■SHOWROOM

ライブ配信アプリがEC市場に参入し始めていることがわかります。SHOWROOMのような生産者さんのライブ配信で購入できるという仕組みは中国ではよく行われているようです。生産者さんの顔が見える特産品は安心して購入することができますね。

まとめ

ネットで買い物することが急激に増えた現在、日本でもライブコマースが急激に成長する市場になることが予想されます。実際に少しずつ企業がライブコマース市場を広げていることが分かりました。

ユーザーの欲しい情報を与えることができ、店舗に行かなくても商品をじっくり見て購入することができるというこれまでのECサイトでの買い物のデメリットをカバーする新しい販売形態に期待が高まります!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました🥰
よかったらスキ♡していってくださいね!

ネットショップ出店パック「ECツクール」を新たに展開中! Shopifyサイトの制作なら500,000円(税込)から。まずはお気軽にご相談ください。

カンナートはWEB制作、事業開発、ECサイト運営を主にWEBに関わる要望にワンストップで対応している会社です。ネットショップ制作に関わるノウハウを提供する場としてnoteを公開しています。https://kannart.co.jp/