【最強テーマ】Shopifyテーマで迷ったらコレを使え!『Prestige』
見出し画像

【最強テーマ】Shopifyテーマで迷ったらコレを使え!『Prestige』

最近なかなか出かけられず、家に籠ることも増えてきたのでShopifyで何かストア作ろうかなと思ってるマルボロです。
何売るの?て言われても特に何かプランがあるわけじゃないんスけど。

おしゃれなランプシェードとか仕入れてきて売ってみるのも良きかな。
ランプシェードなんて誰でも好きだしね!

ところで皆さんは日々何らかのストアをオープンさせていることと思いますが、次のストアで何のテーマ使います?
マルボロはこのテーマ選びに悩んで悩んで、テーマ選んでるだけでもうやんなっちゃって、下手すると作るの放棄することもしばしばです。(放棄すんな)
どれもこれも出来が良いんで選びきれないんだよね・・・。

そんなShopifyあるあるはさておき。
今回は、テーマ選びに迷った時におススメの有料テーマ『Prestige』をご紹介します。

みなさんはもうご存知だと思いますが、このテーマ「Shopify有料テーマのマルボロ脳内選手権2020」でNo.1※に輝いたテーマです。
※マルボロ脳内選手権なのでShopify公式とは無関係ですよ!

『Prestige』がなんでマルボロ脳内選手権No.1に輝いたのか

それはズバリ『Prestige』はトップページに「独自HTML」セクションを追加できるからです!
すげえ!

・・・。

マルボロひとりで盛り上がってる感がひしひしですが、「独自HTML」セクション追加できるすごさ伝わってます?リアクション薄くないすか・・・。

お前は何を言ってるんだ?とミルコ並みに詰めて来られそうですが、これ実際すごく大事なんですよ。

細かく話しをするとShopifyのテーマに限らず、例えばWordpressなどでも、デザインやレイアウトはインストールしたテーマに依存してしまいますよね。
手順に従えば、誰でも一定のクオリティでストア構築が可能なのでとても便利な半面、デザイン・レイアウトの自由度が制限されてしまうデメリットもあります。

このデメリット、構築するストアによっては意外と大きいのですよ。

画像3

先だってすごく困ったのが、セクション機能で実現できないデザインをちょっと差し込みたいというケース。

すぐ思いつく方法としては、何かのセクションをベースにLiquidとHTML/CSSで改造する手段かな。
ただLiquidマスターなら朝飯前でも、マルボロのスキルだとどこまでやれるか自信無かったんだぜ!

たとえ出来たとしてもテーマCSSの変更って、他の部分への影響を考慮する必要があり、うかつに手を出せない。
CSS改造の工数より、影響範囲を洗い出す工数の方がかかるなんて事もしばしばあって不便に感じていたのです。

その点解決してくれたのが『Prestige』で、このテーマはさっきも紹介したけど、HTMLセクション追加ができる。
独立したHTML/CSSが作れるので、影響範囲心配する事なくデザインを再現できた。

全体的にも、HTMLセクション追加出来る事で「適度な自由度」が生まれる。
そんなに大げさなカスタマイズ要素ではない、「適度」と言うさじ加減がマルボロには刺さったのです。

画像4

他に影響を与えずに必要部分だけ作り込む方法としては、該当部分だけsnipetsでパーツ化して組み込み込む方法がありますが、
でもこれはこれでそれなりの知見が必要だし、そもそもカンタンじゃないじゃん!

『Prestige』ではその他にもストアに必要と思われる機能は一通り揃っているソツのなさもポイント高いんです。

HTMLセクションの追加方法。実に簡単。

他のテーマと同様、カスタマイズ画面に移行してセクション追加するだけ。

これが実際のキャプチャ画面

名称未設定-1

セクションはもちろん自由に位置を入れ替え可能。

レイアウト決まったら後はHTMLを記述するだけ

名称未設定-2

もうこれでセクションを改造なんて回りくどい事しなくて良くなりましたね!

マルボロイチ推し『Prestige』。ぜひ一度使ってみてください。

専門的なLiquidマスターじゃなくても、大抵のストアは構築できるのがShopifyの最大の特長のです。
『Prestige』はそんなShopifyの神髄を体現している見事なテーマだとマルボロは思います。

Liquidを駆使すればどうにでも出来るじゃんとLiquidマスターなら言うでしょう。
そうじゃないんだよね!
プログラマーじゃなくても出来ちゃうって点が重要なの。

今回は『Prestige』について熱く語ってきましたが、マルボロはイチユーザーであって関係者ではありませんよー。
嵌まる案件があればぜひ一度使ってみてください。

こちらからダウンロードできます!


この記事が参加している募集

スキしてみて

ネットショップ出店パック「ECツクール」を新たに展開中! Shopifyサイトの制作なら500,000円(税込)から。まずはお気軽にご相談ください。

カンナートはWEB制作、事業開発、ECサイト運営を主にWEBに関わる要望にワンストップで対応している会社です。ネットショップ制作に関わるノウハウを提供する場としてnoteを公開しています。https://kannart.co.jp/